カーナビを携帯電話と連携させるとできること

カーナビと自分の携帯電話を連携すると、どんなことが出来るようになるのでしょうか??

例えば、あるカーナビではこんな事が出来るようになります。

別売のBluetoothユニットで、携帯電話とカーナビを通信し、接続することで、携帯電話で得た地点情報を自動転送させるなど、今までにない新しい利用方法が可能になります。

携帯電話で取得した地点情報画像を、地点登録や目的地としてルート探索するように、あらかじめ予約をしておくことで、そのままカーナビで活用可能になります。

しかもこの操作をするにあたって、ケーブル接続や転送などの操作を一切行うことなく、ただ携帯電話を車内に持ち込むだけで、自動的にデータの転送を開始します。

もちろん設定を忘れていたとしても、クルマの中で設定操作をして、すぐに転送することも十分可能です。

その他には、携帯電話をバッグの中や服のポケットに入れたままで電話やメールの着信に気が付かなかった場合にも、電話やメールの着信を知らせるアイコンがナビ画面に表示させたりできるので着信に気付くことができます。

乗車前に着信があったのに気付かなかった場合でも、Bluetoothでカーナビと携帯電話がリンクしたタイミングで、自動的にアイコンを表示してくれたりします。

その他には、ケータイのハンズフリーイヤホンなどを使用することなく、カーナビの音声認識用マイクでそのまま通話が可能になります。

しかも相手の声は車両のフロントスピーカーから出力され、左側のみ、右側のみ、左右両側の中のいずれかに設定できます。

カーナビの画面上に表示された現在地、カーソル位置、もしくは目的地を位置情報として2次元バーコードで表示でき、2次元バーコードリーダー対応の携帯電話で画面を撮影することで、同じ場所の地図を携帯電話上でも表示することができます。

車から降りた場合でも、駐車場から目的地までの徒歩ルート案内に使用することも可能です。

携帯会社の音楽サービスとの連携が出来るようになり、着うたなどを携帯電話でダウンロードした楽曲をカーナビ上でも楽しむことができます。

同じカーナビを使用しているユーザー同士が情報を共有し合う無料のブログサービス「スマートループ ドットログ」は、パソコン以外でも利用することができます。

例えばお出掛け先で観光名所を探したり、自分が見つけた穴場スポットや美味しいレストラン情報を投稿したり、その情報を見たりと、いつでもどこでもドライブに活用することができます。