カーナビ標準装備はタダじゃない!

今やカーナビはドライバーにとって大変便利な車のアイテムのひとつです。

新車購入時には殆どのドライバーの方がカーナビの装備を選択されているのではないでしょうか?

実際、新車購入時にカーナビを標準装備にするか、しないかで言えば標準装備を選ばれる方のほうが断然多いと思います。

しかし、よく考えてみれば、キャンペーンで叩き売りしているような車で無ければ、標準装備とは言えタダではないんですよね。

例えば軽自動車や小型車の購入場合は、行動範囲が限られていて通勤、子供の送り迎え、もしくは日々の買い物だけで使用する。

なんて感じで近場だけを走る事を想定して購入。という方は多いでしょう。こんな場合はナビは不要と判断される方もいるかもです。

せっかく車両価格を安くして100万円台の車を購入しているのに、約20万〜30万前後の装備を付けるわけですから。

どう考えても割りに合わない気がしますよね。

しかしなぜ、タダではない標準装備のカーナビを付けた車が売れるのでしょうか?

理由はエアコン・オーディオ・セキュリティコール・ETC・携帯電話のハンズフリーなど車にとって必要なシステムを統合して扱うようになっていて、他メーカの社外品に変えて使用すると連動性がなくなってしまう仕様になっていたりします。

全て一括で最初に取り付けてディーラで買う方が、購入者の気分的にも、「ローンに組み込まれるから支払いを気にしなくて済む」とか、
「車購入後に量販店で買うのは面倒だしまた費用がかかる」など一括で購入することに対してプラスの考えに向くのは確かです。

そして、車のディーラー的にも社外の量販店にお客様を持って行かれるよりは一括で車購入時に連動するナビはこれだけなんです。

と売り込んだほうが値引きなど考えても売りやすいでしょう。

とは言っても、標準でつけるカーナビというのは、カーナビのグレードの中でも安い分類のグレードを標準装備とうたい、取り付けられている事がほとんどでしょう。その安いグレードのカーナビに数十万円支払う事が嫌だという方も多いと思います。

実際、カーナビの値段は発売当初よりも格段に安くなって来ていますし標準装備にこだわらなくても、量販店に行けば自分好みのカーナビを予算の都合はあるでしょうが、選び放題なわけですから。

これからは、標準装備のカーナビも進化して行き、車を購入するドライバーのみなさんはあれだ、これだと頭を悩ますことでしょう。